スポンサー募集

文化をアップデートする作品制作を理解してくれるスポンサーを募集しています。

 

文化WEB「手鑑」(TEKAGAMI)は、数多くの共感を経てアクセス数をほこるような広告ポータルサイトではありません。必要なのは 声の大きさではなく「目と耳の良さ」です。難しくて ダサいものを遠さけて、ユーモアのあるものだけを身近に置いて「楽しい素敵な生活」を提供するだけで何とかなっていた時代はもう終わりです。ノンフィクションであるドキュメンタリー映像も多く共感を得るために過度な演出がなされていたひとつ前の時代が望んだニーズです。

 

これからの未来を担う世代(平成のZ世代やミレニアム世代と言われる世代)は、みんなと同じであることで安心できるという世代でなくなってしまいました。すなわち、個性が重視される時代となり、数より質を望む世代になりました。以前のように、みんなと同じものを手に入れて、同じように共感する、という共通の話題や同じ商品で安心するのではなく、みんなとは違うことをアピールをする「私だけ」が重視される時代ということです。

求められる質も、大量消費にあわせた大量生産のためのものではなく、個性のある「本物」であることが求められます。つまり、企業の経済活動(マーケティング)は、「あなただけ」の世界観をもったニッチな市場をいくつも支持しながら多くを得る時代になると考えています。

 

私たちの文化WEB「手鑑」は、自然や環境に正直であり、歴史や伝統のなかに隠されたあるべき未来へのヒントを紐解きながら、精神性高い本物を追求 し、それを映像や画像、言葉を使って伝えていくという使命のもとで、作品を制作し(WEB上にコンテンツとして)公開していきます。

「手鑑」(TEKAGAMI)を、ひとつのニッチなセグメントとして捉えて頂き、私たちの制作支援をブランディングという意味で協力して頂ければと思っています。

よろしくお願い致します。

 

2021年3月現在の協力者様 JIKE STUDIOほか合計5名様の方より運営協力および寄付を頂いており 3名の方に継続支援を頂いております。尚、本WEBサイトで委託している寄付サービスサイトの運営ポリシーにより、個人情報の流出等を避けるため一切の情報が非公開になっています。その為支援を頂いている方々についての氏名を含めた詳細情報が特定できませんので、この場を借りて御礼申し上げます。

ありがとうございます。

 

以下、記事等掲載を頂きましたのでご紹介させて頂きます。

こうした映像を創り続けることができるか」2020/12/05 メディア”GASKET”

 

_

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア